軽量:例えば「航空宇宙産業」

軽量化で燃費をアップ!

航空機産業では、機体の大型化による機体や機内部品を軽量化することにより燃費向上や
飛行距離の拡大に取り組んでいます。また、航空機用電子機器の運用上の安全のためには
絶縁は欠かすことができません。また、航空機は限られたスペースにたくさんの機器を搭載しているため、
機器を絶縁させるための構造やスペースの確保が必要になります。プラスチックねじは、
重量が金属ボルトの約1/5と非常に軽いこと、射出成形により複数の部品を一体成形でき
部品点数の削減が可能なこと、難燃性に優れた材質があること、
電気抵抗が大きく絶縁性にすぐれることから機内モニター、座席、照明、オーバーヘッドビン、
内装品、航空機用電子機器などから注目されています。
※各種耐性は材料としての見解であり、プラスチックねじ、プラスチックばねの
使用を保証するものではありません。

例えば