軽量 絶縁:例えば「機械産業」

軽量化で使用電力の削減!

機械産業では、省スペースで作業効率を上げるための産業用ロボットの小型化、
燃費向上や消費電力の削減を実現させるための軽量化、絶縁性が求められています。
プラスチックねじは、重量が金属ボルトの約1/5と非常に軽く、
材料の比重も鉄の約1/6、SUSの約1/5と軽量化を目的としているロボットや
機械装置などに注目されています。
更に電気抵抗が大きく絶縁性に優れているために従来ではスペースの確保や絶縁させないための構造にしていた部分をプラスチックねじにすることにより省スペース化、簡素化することが可能になります。
※各種耐性は材料としての見解であり、プラスチックねじ、プラスチックばねの使用を
保証するものではありません。

例えば